格安から豪華まで
ここでは、船室(キャビン)の等級についてお話します。

船室、つまり航海中ボクら乗客が過ごす部屋は、通常「2等」「1等」「特等」の3段階に区分されています。
船によっては、さらにその上の「特別室」が設けられている場合もあります。言うまでもなく、船室のランク分けであり、 運賃も2等と特別室では数倍もの差があるんですよ。

多くの場合、2等船室は定員15~25名くらいの相部屋ですが、料金は他の交通機関に比べると断然安い価格に設定されています。
例えば、神戸→高松の航路は、新幹線と在来線で行く料金のなんと約3分の1の金額で行くことができるんです。

そして、1等以上は基本的に個室となっていて、こちらは家族水入らずの旅行などに多く利用されています。さらに特等や特別室と なると、料金は2等よりもずいぶん高くなりますが、その代わり高級ホテル並みの船室で、ゴージャスな旅行を楽しむことができます。

要するに、目的や予算に応じていろいろな船室を選べるのが船の特長。乗る人それぞれのニーズに合わせた利用方法を選択できるのが、 船の大きなメリットなのです。

さて、船のことが少し気になる存在になってきましたでしょうか? みなさんも、チャンスがあれば、ぜひ一度船旅の楽しさを 経験してみてください。水平線のかなたには、船でしか味わえない旅のロマンが待っていますよ~っ!
05
前の知恵袋へ | 目次へ

e-netservice.ne.jp